風俗業界の歴史

この記事をシェアする

気軽に働きやすい風俗店

比較的門戸を叩きやすい形態としては「メイド喫茶」や「ガールズバー」です。
メイド喫茶の場合は、法律的に営業形態によっては風俗店に位置付けられます。
メイドが客につきっきりの「接待」、店内ステージでのダンスイベント、暗すぎる照明内での営業などが該当します。
(話題がそれますが、ゲームセンター、麻雀店、パチンコ店も風俗店です。)
ガールズバーが風俗店か否かついても法律的に営業形態に基づきます。
その基準は深夜0時を超えるか超えないかの時間軸です。
ですが、ガールズバーの場合、カウンター越しであっても接待行為にあたりますので、風俗店としての認識されるのが一般的です。
これらの業態は、比較的お客さんとの距離を形式的には置くことができています。
おしゃべりが得意、コスプレが好きという方には向いている業態ですね。

安心だけど、勇気がいる風俗店

風俗店には主に3つの形態のものがあります。
「ソープランド」、「キャバクラ(キャバレークラブ)」、「デリヘル(デリバリーヘルス)」などです。
どの形態でも18歳以上であることが条件です。
ソープランドは、個室高級サウナのことです。
法的に本番行為というものが合法である点を忘れないでください。
キャバクラは、「ラウンジ」と類似していますが、20代前後の女性が男性客を接待する場です。
一方「スナック」は、男女問わず比較的年齢が高めなお客さんが、ママさんとの会話を楽しむ場所といえます。
デリヘルは、出張でおこなうサービスです。ソープランドほどの本番行為は禁止されています。
単純にヘルスであれば、店舗で受けるサービスになります。