こうやって稼ごう!おススメな働き方

この記事をシェアする

基本事項や報酬体系を覚えておこう

風俗店で働くには、これらの要素が重要です。
まず年齢ですが、法律上18歳以上でなければなりません。さらに客層に求められる年代であることが求められます。
そして容姿。
人によって、綺麗や可愛いの基準は様々ですが、客層の求める容姿の特徴を有していることが求められます。
次に、接客スキル。
風俗業の基本は接客です。
そのための会話力、振舞い方、教養など、客層によって求められる基準は様々ですが、日々磨いていくことが求められます。
また、報酬については、待機時給や日給の最低保証があるお店もありますが、多くは出来高制(歩合制)です。
お店にもよりますが、現金日払いでのお給料が基本です。
単価(コースの長さによって決まっている女性の取り分)に本数を掛けたもので決まります。
また、ガールズバーなどでは時給制を採用していることが多いです。

大切なのは、自分に合う働き方を選べること

風俗店で稼ぐということは、様々な要因をトータルで磨くことが、受け取る対価に大きく反映される業界です。
当然客層が利用するサービスが高額なものを提供する店舗であればあるほど、個人の資質と相乗して、より多く稼ぐことに繋がります。
同時に考えなければいけないのは、働き方です。
勤務時間が基本的に夜がメインとなります。
健康管理がより重要となります。
体力にいくら自信があるといっても、過信は禁物でしょう。
最近は、本業としてよりは副業として風俗店で働く方々も増えています。
ガールズバーであれば、時給制の報酬のお店も多いです。
また、お客さんにお酒かソフトドリンクを奢ってもらうと、ドリンク料金の2割ほどが時給とは別にもらえるドリンクバックと呼ばれる制度があります。
提供サービス、営業時間、自身の健康管理面も含め、自分に合った働き方が一番稼げる方法なのを覚えておいてください。