色々な業態の風俗店

風俗の歴史は江戸時代から始まります。
そして江戸時代には限られた人だけの風俗が、明治時代に広く大衆化されました。
細々と個人営業で行っていた風俗店が大きくビジネス化したのは明治44年からです。
そのころのサービスは今のようなカフェに近く、コーヒー、ジュース、お酒など様々な飲み物を提供していました。
昭和の時代に入ると、劇的な経済や文化の発展に伴い、時々の流行に沿って様々な変化をしました。
街頭客引き、今ではあまりみない自転車相乗り客引きなどが盛んになるのもこの頃からでした。
昭和初期には「トルコ風呂」と呼ばれていた個室の付いた特殊浴場は、時代の流れで「ソープランド」に名前を変えました。
それによってソープ街が生まれ、日本全国津々浦々、店舗がどんどん増えていきました。これらの多くは街から少し外れにあることが普通でした。
1985年代には行政による風俗への厳しい取り締まりのため、店舗数は減少しています。
ですがソープ街は今なお健在しており、当時の名残を残しながら営業を続けています。
また、現在では性への柔軟性もあり、風俗業界への理解が得られるようになってきました。
そのような背景も手伝い、単純に生活や将来の夢のための資金稼ぎの手段として考える人が増えてきています。
最近の事情としては、様々なプレイに応える風俗業界も増えてきました。
コスプレ(コスチュームプレイ)や、SMスタイルなどがそうです。
デリヘル(デリバリーヘルス)も、サービス時間やプレイ内容を詳細に選択できます。
費用も、サービスの細分化によって低価格化が進行し、お手軽感が高まっています。

おすすめリンク

風俗業界の歴史

風俗といっても、思い浮かべるものは人それぞれ違うと思います。 そのため、年代によって「風俗」に対するイメージは多種多様です。 人によってはいかがしいものを連想する人もいるでしょう。 では、実際にどのような形態の風俗業が存在するのでしょうか。 ここでは主なものをご紹介していきます。

こうやって稼ごう!おススメな働き方

実際に風俗店で働くといっても、その営業形態は様々です。 形態によって求められる内容が共通するものあれば、特有なものもあります。 風俗店で働くために必要となる基本事項をご紹介します。 また、実際に稼ぐ基本知識となる報酬の仕組みについてもご紹介します。

女性だけじゃない、男性やLGBTだって稼げます

風俗業界の構図というと、どうしても女性目当ての男性のための客商売を思い浮かべがちです。 社会がオープンになったことで、女性やLGBT向けの商売等も比較的情報が出回るようになってきました。 ここでは男性やLGBTの方が働く風俗業界をご紹介します。